<   2011年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧

10月10日 たいいくの日

e0144545_1438589.jpg

気がつけば10月も残すところ2日...

ずいぶん前の話になってしまいましたが、今年の体育の日はちくわの大好きな
箱根ピクニックガーデン(現 富士芦ノ湖パノラマパーク)に行きました。

e0144545_14402214.jpg

いいお顔、の視線の先には.....

e0144545_14422931.jpg

ムムッ、たまごサンド、、、毎回食べ物で歓心を買うダメ飼い主。

e0144545_14433069.jpg

そう、今回はサンドイッチ持参です。
おかず無しだけど、8枚切り食パンで作ったらブサイクになっちゃったけど
気にしない気にしない(笑)ピクニック気分が少しでも味わえればそれで充分♪

e0144545_14453452.jpg

連休だけあってとても賑わっていました。
ちくわもおともだちに沢山ごあいさつできたね。

e0144545_14463695.jpg

こちらのミニチュアシュナウザー君はまだ8か月なんですって。
どおりで元気満々なはずです。

e0144545_14472730.jpg

ちくわのことを気に入ってくれたみたいで
うちのレジャーシートの前にドカッと腰を下ろしたまま動こうとしません(笑)

e0144545_1449778.jpg
e0144545_14503585.jpg

人出が多かったのでわずかな時間でしたが、ノーリードで全力疾走できました。

e0144545_1525616.jpg

ねえちくわ、後ろ姿がなんだかオバチャンっぽいよ。

e0144545_1565774.jpg

今度はおにぎり持って来ようね〜
あ、この笑顔はたまごサンドで釣ってませんから(笑)
by nori_chiku | 2011-10-29 14:37 | 箱根 | Comments(10)

故きを温ねる奈良旅⑤〜旅の締めくくりは...

私のとっておき、唐招提寺。

e0144545_0202024.jpg

完璧なまでにシメントリーな屋根が美しい金堂。

e0144545_028331.jpg



e0144545_2250458.jpg

好き過ぎて、肩に力が入ってしまい

e0144545_8512918.jpg

哀しいくらいにつまらない写真ばかり。

e0144545_8502829.jpg


e0144545_2255782.jpg

好きな相手にうまくアプローチできないところ
昔から変わりません(笑)

e0144545_23343596.jpg

車窓越しの夕日に見送られて、奈良ともお別れ。
一泊ではあまりに短すぎる。

次は、春の吉野と宇陀とか...旅の妄想はつきません。。
by nori_chiku | 2011-10-29 09:49 | 日本の旅 | Comments(2)

自分にごほうび♪

e0144545_1630910.jpg

じつは今週月曜日から、環境が激変しました。
ゆっくりと時間が流れていたここ数ヶ月の生活とはお別れ。
ふたたび慌ただしい日々の始まりです。

順応性がない方なので、長かった5日間。
何とか乗りきった自分にごほうび、あげちゃいました(笑)

e0144545_1631379.jpg

Oiva ToikkaのTundra Tumbler
以前 北欧雑貨のサイトで見て一目惚れ。
でもその時はsold outで...
いつか手にする日を心待ちにしていたものです。

品質と丁寧な配送で信頼を置いているこちらのサイトで見つけて
迷わずポチッ♪
Tundraという名前どおり、グラスの表面には雪の結晶や樹氷を
イメージするパターンの数々が並んでいて、いくら眺めても飽きません。
by nori_chiku | 2011-10-22 19:21 | Comments(8)

故きを温ねる奈良旅④〜苔に癒される

奈良2日目。噂のカレに会うため、朝一番で興福寺へ。
カレ...阿修羅像、噂に違えず憂いを含んだ凛々しいお顔立ちをされていました。
アシュラーでしたっけ?空前の仏像ブームが起ったのも納得です。

ただ、修学旅行生で沸き返る あの感じはちょっとひいてしまうな。
やっぱりお寺は心静かに訪れたいもの。。

そういう意味ではまさに私の理想。
近鉄とバスを乗り継いでやって来た、秋篠寺。

e0144545_1753452.jpg

ご本堂に祀られる伎芸天像、優しげで艶やかな天女さまを拝んだあとは

e0144545_1895030.jpg

苔庭で癒される。

踏みしめたらきっとフカフカと気持ちよさそうな質感と
ちょっと褪せたような色合いが なんとも好みな苔の庭です。

e0144545_18124431.jpg

花のない季節に訪れたから 緑がより一層目にしみる。

e0144545_1950769.jpg

そして、とても静か。
ほかにも参拝客はいるのに、不思議と雑音を感じないのはどういうわけだろう。

e0144545_19504664.jpg

いいなぁ、ここ。
ずっと佇んでいたい誘惑に駆られますが
奈良に来たからには必ず訪れたいあの場所、私が一番好きなお寺めざして
先を急ぎます。
by nori_chiku | 2011-10-16 23:42 | 日本の旅 | Comments(6)

故きを温ねる奈良旅③〜春日大社とならまち

e0144545_154342.jpg

高畑から向った先は春日大社。

e0144545_20373164.jpg

朱塗の回廊に緑青を帯びた釣灯籠のコントラストが鮮やかな春日大社は
欧米から来た方々にも人気が高い様子。

そんな外国人の一人に道を譲ってもらった母、ありがとうございますとお礼を言うと
どういたしましてと流暢な日本語の返答が。
「どういたしまして」という美しい日本語を耳にしたのはいつ以来かな。

e0144545_22511750.jpg
e0144545_8523710.jpg

おびただしい数の釣灯籠

e0144545_21362731.jpg

節分と盆、年2回の万燈籠にはすべての灯籠に明かりが灯されるのだそうです。
さぞ幻想的な光景でしょうね。

e0144545_13392947.jpg

参道の脇に整然と並んだ石灯籠

e0144545_20243991.jpg

苔むした姿はまわりの木立と一帯となって森を成しているかのよう。

e0144545_20251071.jpg

“鹿みくじ”ひきました。母は中吉、私は小吉。
写真の鹿は母が選んだもの。本人曰く 切れ長の目が決め手だったとか(笑)

ちなみに私の運勢、“旅立;行(ゆ)きて吉”でした♪

e0144545_20374892.jpg

つづいて、ならまちへ。

e0144545_020157.jpg

高畑と春日大社でのんびり過ごしてしまったので
たどり着いたのは夕暮れ時...

e0144545_20595974.jpg
e0144545_211131.jpg

あと10分で閉館の“ならまち格子の家”に飛び込んだりして
駆け足で回ってしまったのが心残り。

e0144545_2102381.jpg
e0144545_210546.jpg

ゆっくり歩いたら、もっとおもしろい発見があるだろうと予感させる町。

e0144545_211264.jpg

時間がないながらも押さえるところはしっかり押さえました。

砂糖傳 増尾商店さんで“御門米飴(みかどこめあめ)”を購入。
美しい陶器の壺に入った琥珀色の水飴はここでしか買えない(お取り寄せはできます)。
そう聞くと多少重かろうとお持ち帰りしたくなります。

e0144545_2126164.jpg

奈良には銭湯が多いのでしょうか。
ならまちで2軒見つけた懐かしい煙突風景。
by nori_chiku | 2011-10-15 09:29 | 日本の旅 | Comments(6)

故きを温ねる奈良旅②〜文人たちが集った高畑へ

e0144545_22103792.jpg

お宿でチェックインを済ませるや、真っ先に向ったのはたかばたけ茶論
今度奈良を訪れることがあったら必ず行こうと決めていた場所です。

e0144545_2216354.jpg

洋画家中村一雄夫妻が自宅の庭を開放しカフェにしたのがちょうど30年前。
奈良のカフェのはしりだったんですよ、とオーナー夫人が話すのも頷けます。

白く塗られた木製の窓枠や、ところどころ塗装の剥げたテーブルなど
そこかしこに時の流れを感じ、文学の香り漂うお店なのですが


e0144545_22181154.jpg

唯一の誤算はお腹をすかせて出かけてしまったこと。

軽食はもちろんメニューに載っているケーキさえも今日はないと聞いて
少なからずダメージをうけた私たち。
お店で唯一の固形物だったクッキーをむさぼるように食べましたとも(笑)

e0144545_22184297.jpg
e0144545_22131244.jpg

さわやかな季節だったのでテラス席でお茶をしても気持ちよかったでしょうね。
隣に建つオーナー夫妻自邸の洋館は、国の登録有形文化財に指定されているそう。

e0144545_22324176.jpg

さて、“たかばたけ茶論”の名前の由来は塀をはさんでお隣に...

e0144545_2233373.jpg

志賀直哉旧居
数寄屋造のお屋敷に書斎や茶室、ここまではよくある作家の居宅なのですが

e0144545_22344917.jpg

広々とした洋室のサンルーム、トップライト付き!

今でもモダン過ぎるくらいモダンな和洋折衷の邸宅を
昭和初期に自ら設計し、建てさせてしまったとは驚きです。

e0144545_22382545.jpg

多くの文人画家の集いの場となっていた志賀邸は
彼らの間で“高畑サロン”と呼ばれ、文化活動の核となっていたのだとか。

e0144545_22395849.jpg

当時の文化人たちに思いを馳せ、現代人のゆとりある場めざして誕生したカフェが
たかばたけ茶論だったのですね。

e0144545_2241143.jpg

志賀邸でサンルームに次いで気に入ったのが、2階の窓からの庭の眺め。

e0144545_22412610.jpg

母から、銀木犀が咲き誇る様子を写真に撮るように言われたけれど
木が高過ぎてこれが限界。。

なぜ銀木犀なのか 説明すると話が長くなるのでこの辺で。
by nori_chiku | 2011-10-11 01:41 | 日本の旅 | Comments(8)

故きを温ねる奈良旅①〜はじまりは奈良ホテルから

e0144545_1342742.jpg

母と奈良を訪れました。
母とのふたり旅は数えるほどなのに よほど縁があるのか奈良は二度目...

前回は約16年前、東大寺のお水取りを見ようと訪れたのでした。
当時まだ独身だった私は旅の最中、お付き合いしている人はいないのかと
母に直球で尋ねられ、大いにたじろいだことを覚えています(笑)

お宿は前回と同じ奈良ホテル
前回は新館でしたが、今回は憧れの本館に泊まりました。

e0144545_1345942.jpg

本館ロビー「桜の間」

e0144545_1354522.jpg

高い格天井にシックなシャンデリア、深紅の絨毯、
白いカバーがかけられたソファ...一つ一つにノスタルジックな風格が。

e0144545_1362349.jpg

ロビーに置かれているこちらのピアノ、
かのアインシュタイン博士が弾いたものなのだとか♪

皇族の常宿であるとともに、オードリー・ヘップバーンやチャップリンら
各国より賓客が訪れた奈良ホテルは、関西の迎賓館と呼ばれていたそうです。

e0144545_13232010.jpg

私たちの泊まった部屋の窓辺。
あまり広い部屋とは言えませんが、窓のデザインがロビーと同じなのがうれしい。

e0144545_13234957.jpg

スタンダードルームにもマントルピースが創業当時のまま残っています。
(残念ながら現在は使用できませんが...)

e0144545_1371623.jpg

夕食と朝食はメインダイニングルーム「三笠」で。
和洋折衷の極みと言うべき設えに100余年の歴史を感じます。

e0144545_1381478.jpg

極上のおもてなしととめどないお喋りに時間を忘れ、長居してしまった夕食。

e0144545_1385452.jpg

そして、圧巻だったのが朝ごはん。
茶粥定食、和定食、洋定食から、迷わず選んだプリフィクススタイルの洋定食。

粉砂糖たっぷりのフレンチトーストにときめきつつ
口福なひとときを過ごしました。
by nori_chiku | 2011-10-09 02:01 | 日本の旅 | Comments(10)

王妃様も愛したコペンハーゲンの飴屋さん

先代の王妃様が直接足を運び、今も時々王室の使いが買いに訪れるという
Somods Bolcher スモールズ・ボルシャー 創業100年を越す王室御用達の飴屋さんです。

e0144545_2111877.jpg

さぞ豪華なお店かと思いきや、中庭の奥まった場所にこぢんまりとありました。

e0144545_2114019.jpg

壁の額縁のような木枠の中に、絵画のようにうやうやしく並べられた飴たち。
これらすべてが店の奥の工房で手作りされているそうです。
着色料はもちろん天然のものだけを使用。老舗のこだわりを感じますね。

e0144545_211594.jpg

カウンターにはロリポップ♪
まるで日本の駄菓子屋さんのような素朴さです。

e0144545_2133622.jpg

できることなら工房の見学をしてみたいところですが
午後の便で日本に帰る私達には残念ながら時間がない。


数ある飴の中から7種類を選び、量り売りしてもらいました。
どれもおいしそうで可愛らしいから迷う!
こんなにも真剣にお菓子を選んだのは小学校の遠足のとき以来かも(笑)

e0144545_2344226.jpg

こわれやすくて溶けやすい...
機械で大量生産されたものに慣れてしまうと 何とも繊細にして無骨な飴。
真夏の日本に無事持ち帰ることができて、本当によかった。

お気に入りのガラス瓶に移し替えたら、愛しさ倍増なのです☆
by nori_chiku | 2011-10-04 20:54 | 11'ストックホルム,コペン | Comments(4)

神無月

e0144545_0144657.jpg

10月は誕生月。
そのせいか、他のどの月よりも馴染みがいい。
年をとるのがうれしい、なんて年齢はとうの昔に過ぎてしまったが
どこか10月になるのを待ち望んでいるところがある。
でも今年も残すところあと3か月だと気づいた途端、
すこし寂しくなるのだけれど。

写真はこの夏の北欧旅で連れ帰った物たち。
飾り棚が夕日に照らし出されてあんまりきれいだったので
あわててカメラにレンズをセット。
そうこうしているうちに光のピークは過ぎてしまったのでした(笑)
by nori_chiku | 2011-10-01 00:45 | Comments(8)


旅と 犬と 日常の中の非日常


by nori_chiku

プロフィールを見る

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

カテゴリ

14'パリ,ブルージュ
13'ヘルシンキ,タリン
12'リスボン,ポルト,オビドス
11'ストックホルム,コペン
10'オランダ,ブリュッセル
10'香港
09'ヘルシンキ,タリン
09'パリ
08'マラケシュ,エッサウィラ
07'プラハ,チェスキークルムロフ
06'ストックホルム
06'リヨン
05'アルザス,フランクフルト近郊
03'ブルージュ,ブリュッセル
パリ
ハワイ
横浜
鎌倉/江の島/葉山
箱根
日本の旅
都内

タグ

(159)
(85)
(49)
(47)
(46)
(38)
(34)
(32)
(26)
(26)
(16)
(11)
(10)
(9)
(8)
(5)

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...

フォロー中のブログ

NabeQuest(na...
ウィーンとパリと好きなも...
日常と夢の記憶
チョビりくに癒される毎日・・・
旅支度、できた?
山のうえから
ポルトガル便り~ヨーロッ...
まんまるまろんのおいしい休日
Irelandめぐり。
Black Face S...
オトメカフェ**cog
franny's photo
大地はオレンジのように碧く
Madame100gの不...
40 ans a Par...
海の向こうに憧れて
Akiko's ...
na+10 カメラと日常生活
まいにちノート
Silver Oblivion
PIENI+KOTI
Sweet Snow V...
木蔭のアムゼル
Paris7
麻生圭子 水辺の家で猫と...
Fruit tree
Blanc de Blancs
お茶にしましょ**
ふらんすさんぽ
木陰のアムゼル2号庵

外部リンク

最新のコメント

*uchi-mameさん..
by nori_chiku at 23:32
*min_yさん お返..
by nori_chiku at 23:30
何もかも素敵で、ちくわマ..
by uchi-mame at 20:24
例の港の見える丘の美容室..
by min_y at 14:24
*francanaさん ..
by nori_chiku at 07:12
*uchi-mameさん..
by nori_chiku at 07:09
落ち着いたお店ですね。長..
by francana at 00:54
これまた、ワンコOKのオ..
by uchi-mame at 21:20
*min_yさん 一緒..
by nori_chiku at 19:44
*sanase2013さ..
by nori_chiku at 19:40

検索

ライフログ


Casa BRUTUS (カーサ ブルータス) 2016年 10月号 [雑誌] CasaBRUTUS

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

旅行・お出かけ
犬