タグ:マーケット/蚤の市 ( 9 ) タグの人気記事

マーケット広場の大鍋料理

e0144545_21504652.jpg

やって参りましたよ。マーケット広場♪
やっぱりここの雰囲気は独特。ただいま、ヘルシンキ〜!な気分になります^^

e0144545_2150223.jpg

(写真はそうも見えないけれど↑)観光客でひしめき合う日曜日のマーケット広場
中でもひときわ賑わっていたのが...

e0144545_21535549.jpg

こちらの屋台。
大きな鍋で煮込まれている肉料理の匂いの吸引力と言ったら!とても素通りできない^^

e0144545_21542287.jpg

あとで気づいたことですが、同じような大鍋屋台は他にもたくさんあるんです。
で、なぜこの屋台がダントツ人気なのかというと
やっぱりボーダーシャツ姿の店員さん達が可愛くて威勢がいいから、なんでしょーね(笑)

e0144545_21565054.jpg

ボーダー作戦にまんまと引っかかった私たち、肉煮込みと鮭のパエリアを選びました。
(テーブルクロスもさりげなくボーダー柄♪)

お肉はビーフとハンバーグみたいなのと、あともう1種類入ってたかな。
さすが人気店だけあって、両方ともかなり美味しい。
ただ、やや辛めのスパイスを使っているのか、食べ進むにつれて喉が乾いていき
強烈にビールが飲みたくなるの^^;
あわてて手持ちのミネラルウォーターで喉を潤し、やりすごしましたけれど(笑)
(だってここ、屋台にしては結構いいお値段なんだもん)


じつは、マーケット広場で行きたかったお店は他にあって...
4年前、3回も通い詰めたあの“かにパン”の店
でも、結局どこを探しても見つからず諦めました。

たった4年、されど4年。
街は刻々と変化していくものですものね。
by nori_chiku | 2013-08-31 08:23 | 13'ヘルシンキ,タリン | Comments(6)

長谷の朝市

e0144545_1324335.jpg

長谷の光則寺門前に朝市がたつと聞いて、早起きして行ってきました。

e0144545_13255054.jpg

8時の開場前からこのとおりの人だかり。

e0144545_1328918.jpg

犬の散歩がてら訪れる人も結構いるみたい^^

e0144545_1328576.jpg

開場するやお目当ての屋台に駆け寄って手際よくお買い物を始める地元の方々。。
ムムッ、こちらも負けてはいられません(笑)

e0144545_1329361.jpg

ダントツの盛況ぶりだったのが ここOKASHI0467さんの屋台。
脇目も振らずに向ったはずなのに、店の前にはすでに行列が(汗)

“人気店の品物はすぐに売り切れてしまうので8時前に到着するくらいがベスト”
と教えてくれたのは、じつはこちらのスタッフの皆さんでした。
おかげで大好物のガトーフィグ(2割引!)・朝市限定 豆乳プリン・
シュークリームとお目当てのものすべてgetできましたよ〜^^

e0144545_1348174.jpg
e0144545_13303077.jpg
e0144545_13321737.jpg

お店の人もお客さんも、大人も子供もお年寄りも
みんなが一緒になって活気ある市を盛り上げている...
そんな手作り感あふれる あったかい朝市でした。

e0144545_13305411.jpg
e0144545_13335762.jpg

時間が経つほどに 会場は溢れんばかりの人、人、人。。
どこに何のお店があるのかもわからないほどで...
気がつけば小型犬はみんな地面から避難(笑)

e0144545_13385049.jpg

朝市の賑わいを離れ、やってきたのは
参道を江ノ電が通り抜けるほのぼのとした風情の御霊神社

e0144545_1338337.jpg

境内の長椅子に腰かけて、ウーフカレーの朝市限定キーマカレーをいただきました。

e0144545_14274641.jpg

そして今回の戦利品たち。
上で書いたお菓子のほかに、稲村亭の炭火焼豚、豆寿の寄せ豆腐と
野菜のがんもどき。

新鮮な地魚や鎌倉野菜を買って来れなかったのがつくづく残念。。
秋にはリュックサック持参で(重たいカメラも置いて、笑)リベンジしよっ♪
by nori_chiku | 2012-05-20 19:19 | 鎌倉/江の島/葉山 | Comments(0)

まるで食のテーマパーク♪エステルマルム市場

e0144545_2281160.jpg

ストックホルムに3つある大きな市場のなかで
最も歴史が長く、地元民からの信頼も厚い市場なのだそうです。

e0144545_2210536.jpg

肉、魚、野菜などの生鮮食品はもちろん

e0144545_22105185.jpg

チーズやソーセージ、パン、お惣菜、デリなどが所狭しと並び

e0144545_2213842.jpg

さらにイートインコーナーもあって、思い思いにスウェーデンの食が楽しめる
テーマパークのような場所です。

e0144545_229432.jpg

頭上のヘラジカと↑目線が合ったりするのも、北欧の市場ならでは^^;

e0144545_22154688.jpg

私たちのお目当てはここ、LISA ELMQVIST リサ・エルムクヴィスト という名の魚屋さん。

e0144545_22164114.jpg

正しくは、その魚屋さんのイートインです。

e0144545_22183329.jpg

大人気のお店のようで、イートインなのに大きなテーブルがずらっと並び、相席は当たり前。

e0144545_22192818.jpg

ほとんどの人が注文しているフィッシュスープ。もちろん私もこれをいただきました♪

う〜んまいっ!今回の旅で出会った食べ物のなかで、文句なしのナンバーワン^^
フィッシュスープって、ブイヤベースのことだったのね!
サワークリームを加えると徐々に濃厚な味に変化して、これまた美味いのです。
ガーリックトーストも絶品!いま思い出してもよだれがジュルっとこぼれそう〜

e0144545_22195774.jpg

スウェーデンの夏の名物ザリガニ... (ですよね?コレ↑)
コレを食べるチャンスがなかったことが、今回の旅の唯一の心残りなのでした。。
by nori_chiku | 2011-08-11 23:59 | 11'ストックホルム,コペン | Comments(4)

ノーデルマルクトの蚤の市 @アムステルダム sanpo

“蚤の市”と言っても本格的なアンティークマーケットからガラクタ市まで様々ですが...
e0144545_7272935.jpg
e0144545_7271589.jpg

こちらノーデルマルクトの蚤の市は日用品中心の、肩のこらない品ぞろえ。
目に飛び込んでくるPOPな色彩がオランダっぽい^^


e0144545_726593.jpg
e0144545_7264527.jpg

1コインはこの国でも人気。


e0144545_7261652.jpg

ムムッ、ここは危険地帯。

e0144545_726581.jpg

物欲が目を覚まさぬうちに抜け出さないと。

e0144545_7254891.jpg

立ち止まってはいけません。。


e0144545_7243685.jpg

このゴチャゴチャっとした中から掘り出し物を探し当てるのが蚤の市の醍醐味。
品定めしている目利きさん達を観察するのも面白くて。

e0144545_7241951.jpg

お皿の上にリアルな角(つの)、、、
この感覚、日本人には理解できないなぁ^^;

e0144545_724122.jpg

古いポストカードには、つい吸い寄せられてしまう♪


e0144545_7224221.jpg

このワンコ、常連サンの連れらしく、行く先々で皆になでなでされてましたけど...

e0144545_7222959.jpg

自分からすり寄って行くのは美女ばかり。
もしかして中に人間、入ってません?
by nori_chiku | 2010-10-16 09:23 | 10'オランダ,ブリュッセル | Comments(6)

ヘルシンキの『かにパン』

港に面したマーケット広場は、ヘルシンキに来た観光客が一度は訪れるであろう野外市場。
野菜や果物、水揚げされたばかりの魚など露店がずらり立ち並び、見ているだけで楽しくなる。
e0144545_2320847.jpg
e0144545_23201945.jpg

さて、ヘルシンキに到着した翌朝、私たちははりきってこのマーケット広場を目指しました。
開店時刻の6時30分には港に到着していようかという勢いで(笑)
が、そこにはまだ水揚げをする漁船の姿はなく、野菜もほとんど店頭に並べられず
どんより薄暗い空には魚待ちのカモメさえいない.....そう、完全に早すぎたんです!

出直そうか?でも寒いし小腹もすいたよねぇ、と覗いてみたのが広場入り口近くのこのテント↓
e0144545_22553174.jpg

う〜ん、どうみても地元の人ばかりが黙々と朝ごはんを食べていて、入りにくいんだけど...
モジモジしていたら、お店のおねえさん(写真)がニコニコと近寄ってきてくれました。
「コーヒーと、何か食べるものを。」と言うと(メニューがないのでこう言うしかなかった)
コーヒーはミルク入りかブラックか?食べ物は甘いのかしょっぱいのか等々矢継ぎ早に訊かれ
出てきたのが、これ↓
e0144545_22565841.jpg

『かにパン』
私たちが勝手にそう命名し、愛してやまなかった揚げドーナッツ♪
ヘルシンキ滞在中、3回も通ってしまいましたもん(^^*

e0144545_22585550.jpg

中にはリンゴジャムが入ってます。やわらかく、ほかほか温かい。。
ミルクコーヒーも素朴でおいしい。

e0144545_2383243.jpg

2回目からは、かにパン2つ、ミートパイ1つが定番メニューになった。
こんなに食べてる人、フィンランド人にもいません^^;
e0144545_2304587.jpg

巨大な揚げまんじゅうのようなミートパイ。ロシアのピロシキに似た風味。

e0144545_2314059.jpg

「エロマンガ・・・?」テントの入り口を見つめながらオットがそう呟いた。
何を馬鹿なことを...と目をやると、アララ、確かに入り口には“EROMANGA”の看板が!

後でわかったことですが“EROMANGA”はヘルシンキで有名なパン屋さんの名前。
決していかがわしいお店ではありませんのでご安心を(^^ゞ

e0144545_2315983.jpg

テント一番奥は完全に常連さんのスペース。
マリメッコのテーブルクロスにバスケットが可愛らしい。
あと何回ぐらい通ったら、仲間に入れてもらえたのかな^^
by nori_chiku | 2009-09-15 02:42 | 09'ヘルシンキ,タリン | Comments(6)

迷宮のスークを彷徨い歩き sanpo

マラケシュが迷宮都市、カオスの街と呼ばれる理由は
スーク(市)に一歩足を踏み入れた瞬間に実感できます。
e0144545_105598.jpg

まるで迷路のように入り組んだ細い路地に、地元民や観光客が溢れ返り、
歩行者を蹴散らすように、オートバイや自転車やリヤカー
ときには荷物を運ぶロバまでが縦横無尽に通り抜け、
辺りにはなめし革や多彩なスパイスその他諸々の臭気が立ちこめ、
大音量の音楽、クラクション、客引きの声など、
多種多様な喧噪が響き渡っているのです。
e0144545_11785.jpg
e0144545_115348.jpg

五感に許容量以上の刺激を受け、腰が引けてしまうし
バイクに轢かれないよう気をつけて歩くのが精一杯。
スークの中ではカメラもすっかりお留守になり、
買い物をするなんてとても無理と思っていました、最初のうちは。

しかし、スークは間違いなくマラケシュ文化の象徴。
ここで買い物をしないのはちょっと違うんじゃないの、と
次第に考えるようになって。

何よりも、スークには私が大好きな雑貨が溢れているんです。
e0144545_112027.jpg

バブーシュに

e0144545_161437.jpg

ランプやランターン

e0144545_122167.jpg

タジン鍋などの陶器類

e0144545_252461.jpg

そしてこれは「パスマントリ」
なんとサボテンからとれる繊維(サボテンシルク)でできているんです。

ほかにも絨毯などの布類、かご類、ミントティーのポットとグラスなど
気になるものばかり・・・

e0144545_162834.jpg

さて、ここで問題なのが「スークでは定価がない」ということ。
すべての商品は店主との商談で決めなければならず、
モロッコでは商談は購入そのものより大事なことだというではありませんか。

これについては、案ずるより産むが易しで
最初は店主の言い値の半額くらいから交渉を始めていたのが
だんだん感触がわかってくると、大胆に5分の1くらいから値切ったりして
お店の人とのやりとりを楽しめるようになりました^^

e0144545_114354.jpg

数少ないスークの写真、どれもきれい目のものばかりで物足りない。
カオスな写真も、頑張って撮るべきだったな。
今更嘆いても遅すぎますが。。
by nori_chiku | 2008-09-21 03:50 | 08'マラケシュ,エッサウィラ | Comments(2)

ドイツの小さな町マインツ

ライン川沿いの古城をレンタカーでめぐるという計画のもとに
フランクフルト中央駅前でレンタカーを予約したのですが・・
目の前に現れたのは重戦車のように黒光りしたBMW730ディーゼル!
しかも、レンタカー置き場の周りをタクシーがぐるり取り囲んでいて
路上に出られないまましばらく立ち往生するハメに。。
何とも雲行きのあやしいスタートです。

そうこうしながらも、ライン川下りの出発点の町 Mainz マインツに到着。

e0144545_23365816.jpg
e0144545_2338829.jpg
e0144545_23382916.jpg

マインツって、これまで名前も知らなかったけれど、一目で好きになりました。

e0144545_23464085.jpg

大聖堂前の広場では朝市が開かれていました。
地元の人達で賑わっています。

e0144545_23484024.jpg

訪れたのは5月初めだったので、ホワイトアスパラはまさに旬。
ぜひとも食べて帰らないと!

e0144545_2351268.jpg

一面パンジーの花畑。赤と白の色の取り合わせが新鮮です。

e0144545_2357932.jpg

長い坂道を上ってやってきたのは・・

e0144545_23581624.jpg

聖シュテファン教会です。
ここにシャガールのステンドグラスがあると聞いて、
せっかくだから見に行くことになりました。
遠のくライン川。。

e0144545_054777.jpg
e0144545_064435.jpg

教会の中は青い光に包まれて、それは幻想的な世界でしたが・・
その雰囲気をかけらもお伝えできないほどヒドい写真で、悲しい。

e0144545_0174471.jpge0144545_018091.jpg

入り口の扉が、なぜか気になる。
・・ん? 取っ手の部分、さかなの形をしてますよね?

名残惜しいけれど、そろそろ先を急がないと
一つもお城を見ないうちに日がくれちゃうぞ〜!!
by nori_chiku | 2008-04-22 00:33 | 05'アルザス,フランクフルト近郊 | Comments(2)

ストラスブールの街歩き

e0144545_23142654.jpg

新市街の広場には蚤の市が立っていました。
活気にあふれていて、見ているだけでワクワクします。

e0144545_23184359.jpg

古本屋にはつい、吸い寄せられてしまう。

e0144545_2320450.jpg
e0144545_23202468.jpg

みやげ物屋が立ち並ぶ細い路地の間に見えるのは・・ノートルダム大聖堂です。

e0144545_23234910.jpg

どこへ行っても人ばかり・・
この辺でランチにして、エネルギーチャージしないと。

e0144545_23281738.jpg

アルザスの地ビールFISCHERと

e0144545_23283538.jpg

アルザス名物 Tarte a l'Oignon(タルト・ア・ロニョン)
タマネギのタルトです。FISCHERとの相性ぴったり。。

e0144545_0284718.jpg

Petite Franceと呼ばれる付近は、コロンバージュ(木骨組みの建物)が
建ち並び、かつてドイツ領であったこの町の歴史を感じさせます。

e0144545_0302919.jpg

e0144545_0305775.jpg
e0144545_0493790.jpg

運河沿いの景色は格別です。
お天気の良さも手伝って、どこまでも歩いて行けそうな気分。

e0144545_1161034.jpg

メゾン・カメルツェルはストラスブールで有名な老舗レストラン。
黒ずんだ独特な外観のこの建物は、16世紀の建築物だそうです。

e0144545_1265846.jpg

前菜の「メロンのガスパチョ」
味は微妙ですが、メロンをガスパチョにしてしまおうという心意気に脱帽です。

e0144545_1284656.jpg

シュークルートはストラスブールの伝統料理ですが、
このお店のオリジナルメニューが「魚のシュークルート」
ボリュームたっぷり!

e0144545_135295.jpg

夜のノートルダム大聖堂。
薔薇窓の灯りにほっとさせられます。
by nori_chiku | 2008-04-14 23:41 | 05'アルザス,フランクフルト近郊 | Comments(0)

美食の都リヨンの町歩き sanpo

e0144545_89954.jpg

パリのリヨン駅からTGVで2時間弱で、フランス第二の都市リヨンに到着。

e0144545_8252670.jpg
e0144545_8254420.jpg

木漏れ日が気持ちいい。まさにお散歩日和です。

e0144545_8421056.jpg

ソーヌ川沿いに毎朝立ち並ぶマルシェ

e0144545_8552879.jpg
e0144545_8562516.jpg
e0144545_8592732.jpg

売る人も買う人も、「がんこおやじ系」が多いんですよね、なぜか。

e0144545_9132238.jpg

買い物かごを下げたお洒落なマダムに遭遇。

e0144545_924566.jpg
e0144545_9252932.jpg

真っ赤なお菓子、プラリーヌという、リヨンっ子に人気のお菓子です。
プラリーヌのブリオッシュやプラリーヌのタルトをリヨンのあちこちで目にします。

e0144545_9344447.jpg

旧市街からケーブルカーに乗って、フルヴィエールの丘へ。

e0144545_939734.jpg

ノートルダム・ド・フルヴィエール教会

e0144545_9502065.jpg
e0144545_951444.jpg

再び旧市街をぶらぶらと。

e0144545_9533246.jpg
e0144545_9535148.jpg

人も犬も、なんだかのんびりしています。

e0144545_101982.jpg

リヨンはギニョル(操り人形)発祥の地。

e0144545_1061627.jpg
e0144545_1063629.jpg

ギニョルをモチーフにしたショーウィンドーにたびたび出会いました。

e0144545_101916.jpg

リヨンの旅の最後に、老舗レストランで伝統料理を堪能することに。

e0144545_10211064.jpg

サラダ・リヨネーズに、

e0144545_10222968.jpg

ソーセージに、

e0144545_10231752.jpg

リヨン名物のクネル、魚のすり身料理です。ソースが濃厚で美味しい。

e0144545_1029739.jpg

イケメン店員さんのオルゴール演奏も雰囲気を盛り上げてました。
by nori_chiku | 2008-03-08 08:10 | 06'リヨン | Comments(5)


旅と 犬と 日常の中の非日常


by nori_chiku

プロフィールを見る

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

カテゴリ

14'パリ,ブルージュ
13'ヘルシンキ,タリン
12'リスボン,ポルト,オビドス
11'ストックホルム,コペン
10'オランダ,ブリュッセル
10'香港
09'ヘルシンキ,タリン
09'パリ
08'マラケシュ,エッサウィラ
07'プラハ,チェスキークルムロフ
06'ストックホルム
06'リヨン
05'アルザス,フランクフルト近郊
03'ブルージュ,ブリュッセル
パリ
ハワイ
横浜
鎌倉/江の島/葉山
箱根
日本の旅
都内

タグ

(159)
(84)
(49)
(47)
(46)
(38)
(34)
(32)
(26)
(26)
(16)
(11)
(10)
(9)
(8)
(5)

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
more...

フォロー中のブログ

NabeQuest(na...
ウィーンとパリと好きなも...
日常と夢の記憶
チョビりくに癒される毎日・・・
旅支度、できた?
山のうえから
ポルトガル便り~ヨーロッ...
まんまるまろんのおいしい休日
Irelandめぐり。
Black Face S...
オトメカフェ**cog
franny's photo
大地はオレンジのように碧く
Madame100gの不...
40 ans a Par...
海の向こうに憧れて
Akiko's ...
na+10 カメラと日常生活
まいにちノート
Silver Oblivion
PIENI+KOTI
Sweet Snow V...
木蔭のアムゼル
Paris7
麻生圭子 水辺の家で猫と...
Fruit tree
Blanc de Blancs
お茶にしましょ**
ふらんすさんぽ
木陰のアムゼル2号庵

外部リンク

最新のコメント

*francanaさん ..
by nori_chiku at 07:12
*uchi-mameさん..
by nori_chiku at 07:09
落ち着いたお店ですね。長..
by francana at 00:54
これまた、ワンコOKのオ..
by uchi-mame at 21:20
*min_yさん 一緒..
by nori_chiku at 19:44
*sanase2013さ..
by nori_chiku at 19:40
*cahieretsty..
by nori_chiku at 19:35
鴨たちがちくわちゃんの後..
by min_y at 11:40
私もカルテットにはまって..
by sanase2013 at 22:27
はい!この冬カルテットに..
by cahieretstylo at 22:03

検索

ライフログ


Casa BRUTUS (カーサ ブルータス) 2016年 10月号 [雑誌] CasaBRUTUS

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

旅行・お出かけ
犬
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31