ブイヨンの訃報に触れて考えたこと。

糸井重里さんの愛犬ブイヨンが亡くなったことを知ったのは、
遅まきながらつい数時間前のことです。

糸井さんのところのブイヨンとうちのちくわには、もちろん何の接点もありませんが
同じ犬種で年齢差もわずか8か月程度なこともあって勝手に親近感を抱いていました。
ここ最近「ほぼ日」への登場回数がめっきり減ったことを寂しく感じてはいたものの、
まさかこんな深刻な病気と闘っていようとは知る余地もありませんでした。

じつはこの土曜日、ワン友さんのひとりと久々にお会いする機会がありました。
二人とも高齢犬の飼い主だったこともあり、話題は次第にいつか迎えるであろう
愛犬との「別れ」のことへと展開し…
その時私は言ったのです。
「ちくわとの別れについては日々シミュレーションしている。」って。
そしてワン友さんに聞かれました。
「安楽死についてはどう考えてる?」って。
口ごもりながら「安楽死までは考えたことはないけれど…」と言うのが精一杯だった私。

今回糸井さんが、ブイヨンが亡くなったことを報告した「ほぼ日」のコラムを読んで、
自分がいかに愚かで無知なことを口走っていたか、まざまざと認識しました。
愛犬がいよいよ最期となったときに、苦しんでいる愛犬に安楽死の選択をするのか否か、
そんな大切なことを考えたこともないような人間に「別れをシミュレーションしている。」
なんて言う資格はありません。
私がやっていたシミュレーションは、いざというときに自分が少しでも楽になれるように
という自分のための心の準備で、ちくわに向けた「覚悟」ではありませんでした。
私の言葉は、愛犬との別れを真剣にシミュレーションしているすべての飼い主さん、
愛犬を見送ったことのあるすべての元飼い主さんに対する冒涜でした。

ブイヨンを亡くした翌日、おそらく渾身の力を振り絞って書いたであろう糸井さんのコラムを、
いま犬を飼っている一人でも多くの人達と共有したくて、ここにリンクを張りました。
ブイヨンのご冥福を心よりお祈り申しあげます。









# by nori_chiku | 2018-03-26 01:14 | Comments(0)

14さい

e0144545_00363906.jpg

ちくわ、14歳になりました。
小型犬のちくわは、人間の年齢に換算すると
だいたい72歳位らしいです(諸説あり)。

犬の年齢換算表によれば、6年も前のちくわが8歳になったとき、
自分の年齢を追い越されたことになるけれど、
当時ちくわに「老い」を感じることは微塵もなかったし、
10歳になった時だって、変わったのはせいぜい顔が白くなった程度。

ところがこの1年、ちくわの老化に直面する出来事が度々あった。
前歯が1本、抜け落ちてしまったり、
右頬に大きなイボができたり、
耳が遠くなったのか、インターフォンのチャイムに反応しなくなったり…
最初のうちは取り乱したり、くよくよと思い悩んだこともあったけど、
いまは努めて悠然と構えている。
当のちくわが少しも動じず、黙って受け入れているのだから、
家族も黙って見守っていればいいという、当たり前のことに気づいたからだ。

それに、ちくわはいまも散歩が大好きでいくらでも歩くし、
後ろ足でぴょんぴょん跳ねるし、階段の昇り降りも軽々できる。
そして相変わらずの食いしん坊、健康そのものだ。

ちくわ、14歳の誕生日おめでとう。







# by nori_chiku | 2018-03-18 06:00

まかいの牧場(後編)

e0144545_13420030.jpg

まかいの牧場には、羊やヤギのほかに馬・牛・ポニーや、
ウサギやモルモットなどの小動物、あとはワラビーなんかもいます。
このポニーさん達はなかなかの商売上手。
餌をあげないと奥に引っ込んだまま相手にしてくれません。
(ちなみにこれは餌やり直後)

e0144545_11301616.jpg

広々として起伏に富んだ畑や森もあるから犬は大喜び。
運動不足の人間は2、3日後の筋肉痛が辛かった〜


e0144545_11311571.jpg


たくさん遊んでご機嫌なのか、きょうはカメラ目線だね^^


e0144545_13233575.jpg

羊の放牧場の中は、犬は入れないので代表して夫がIN。
えさを持っているのがバレて、たちまち人気者になってました(笑)


e0144545_13264760.jpg


餌やりにはまってしまった夫、今度は馬にニンジンあげてます。
奥の白い馬はたくさん貰ってたから、なかなか貰えない茶色の馬にあげたんだって。


e0144545_13363972.jpg

ワラビーのいる柵の中も残念ながら犬は立入禁止です。
柵の外にいた 巨大ワラビーのポッケの中からパチリ。
はは、ちくわの表情が何ともビミョーですな^^;

e0144545_11305246.jpg

夫たっての希望でトラクターに乗って記念撮影。
トラクターだとわかるように撮って、と言われても
外国製のトラクターの全体を入れたらちくわが豆粒になっちゃうからこれで勘弁ね。


e0144545_16572907.jpg


春の観光シーズンにはまだ早いからなのかもしれないけれど、
乗馬体験などの有料コーナー以外はスタッフさんが常駐していません。
自由にさせておいてくれるこの感じが たまらなく我が家好みなのでした^^


e0144545_11574129.jpg


楽しくてよかった。また来ようね。






# by nori_chiku | 2018-03-10 20:19 | Comments(4)


旅と 犬と 日常の中の非日常


by nori_chiku

プロフィールを見る

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

カテゴリ

14'パリ,ブルージュ
13'ヘルシンキ,タリン
12'リスボン,ポルト,オビドス
11'ストックホルム,コペン
10'オランダ,ブリュッセル
10'香港
09'ヘルシンキ,タリン
09'パリ
08'マラケシュ,エッサウィラ
07'プラハ,チェスキークルムロフ
06'ストックホルム
06'リヨン
05'アルザス,フランクフルト近郊
03'ブルージュ,ブリュッセル
パリ
ハワイ
横浜
鎌倉/江の島/葉山
箱根
日本の旅
都内

タグ

(182)
(85)
(49)
(48)
(46)
(40)
(38)
(32)
(27)
(26)
(16)
(11)
(10)
(9)
(8)
(6)

以前の記事

2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
more...

フォロー中のブログ

NabeQuest(na...
ウィーンとパリと好きなも...
日常と夢の記憶
チョビりくに癒される毎日・・・
旅支度、できた?
山のうえから
ポルトガル便り~ヨーロッ...
まんまるまろんのおいしい休日
Irelandめぐり。
Black Face S...
オトメカフェ**cog
franny's photo
大地はオレンジのように碧く
Madame100gの不...
40 ans a Par...
海の向こうに憧れて
Akiko's ...
na+10 カメラと日常生活
まいにちノート
Silver Oblivion
PIENI+KOTI
Sweet Snow V...
木蔭のアムゼル
Paris7
麻生圭子 水辺の家で猫と...
Fruit tree
Blanc de Blancs
お茶にしましょ**
ふらんすさんぽ
Daily Green ...
木陰のアムゼル2号庵

外部リンク

最新のコメント

あっ! 私も、このCM..
by uchi-mame at 19:50
*nabetsumaさん..
by nori_chiku at 20:41
ごめんなさい。バタバタし..
by nabetsuma at 14:26
*uchi-mameさん..
by nori_chiku at 21:06
*uchi-mameさん..
by nori_chiku at 20:58
*鍵コメさん ごめんな..
by nori_chiku at 20:50
なんて色鮮やかなお花畑な..
by uchi-mame at 19:12
あら? ちくわちゃんっ..
by uchi-mame at 19:06
*min_yさん この..
by nori_chiku at 01:40
色とりどりの花々に気持ち..
by min_y at 19:53

検索

ライフログ


Casa BRUTUS (カーサ ブルータス) 2016年 10月号 [雑誌] CasaBRUTUS

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

旅行・お出かけ
犬
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30